動線のチェック

ここで言う動線とはオフィス内における人の流れを言います。
オフィスには基準になる通路の幅があり、仕事を円滑にするために定められた設定基準があります。

メインの通路を1.2mは確保する

人の標準的な肩幅の寸法が45cmとされています。
ある程度の余裕を考えて最低でも1.2m以上は必要でしょう。


壁面と着座している社員の間は1.4m

デスクワークで着座した場合デスクから約45cm、着座スペースが必要となります。
実際のチェア可動距離はもう少し広く60cmは必要になるかと思います。
また、役職者などで、後ろに人を通したくない場合はあえてデスク後ろを80cm~90cmが目安となります。


デスク間のスペースは1.8m

対向式レイアウトのオフィスを形成すると、上記パターンのデスク間が多くなります。
スムーズに人が通れるスペースは約1.8mあれば円滑に人が通れます。
スペースに余裕が無い場合でも1.4mは確保しないと横歩きをしなくてはならなくなったりなどストレスを感じてしまうでしょう。
人が通るたびに椅子動かすようでは、集中力も途切れてしまい、快適なオフィスとは言えません。
集中力や効率を考えてもより広い通路を確保したいところです。


圧迫感のないデスクサイド間は90cm

スクール式レイアウトで配置したオフィスで多く見受けられる通路です。
デスクサイド間の通路で比較的圧迫感のないこと、チェアのスペースとの絡みもないことから一般的に90cmあれば充分とされています。
メイン動線にした場合は1.2mは必要になりますので全体のレイアウトを考慮して通路幅を決める必要があります。


デスクサイドとデスク間の通路幅も1.2m

デスクサイドとデスク間の通路幅もチェアの可動範囲を考慮すると1.2m必要とされます。
このパターンも通路を歩いている人と椅子に座ってデスクワークをしている人がお互い妨げにならないように考慮した通路幅が必要になります。
メイン通路にする場合は1.6mは設けた方がよいでしょう。