応接室を作ろう

社長室や役員室などプライバシー保護が必要かと思います。コミュニケーションが取りづらくなるため用途を考え用いるようにしましょう。
プライベートスペースの要点
  • 機密文書などを保管することが多くなる際は収納スペースを多く設けましょう。
  • コミュニケーションが取りづらくなりますので、ガラスや透明な素材を使い外部との視覚的なコミュニケーションが取れるようにしましょう。
  • プライバシーを重視する部屋なので音漏れや外部から音が聞こえないようにしましょう。
例

図