応接室を作ろう

平成13年度「社団法人ニューオフィス推進協議会」が企業経営者と従業員に対して、自分たちのオフィスに対しての評価を行うオフィスの実態調査を行いました。結果として、経営者側と従業員側では改善を望む点が異る結果がでました。

オフィスワーカーの回答
  改善要望
リフレッシュスペース等
27.1%
空調設備(温度・湿度・換気等)
21.9%
社員食堂・喫茶
20.5%
トイレ・洗面・更衣室
14.7%
収納スペース
14.0%
企業経営者の回答
  全体 大企業 中小企業
情報ネットワーク関連
43.4%
28.3%
40.9%
維持・管理体制
35.3%
47.4%
34.4%
レイアウト
32.4%
35.5%
30.1%
部門間等のゾーン変更
28.9%
35.5%
23.7%
ファイリング関連
28.3%
27.6%
29.0%

上記結果から言えることは、経営者は生産性の向上を考え、従業員は快適性向上を一番に求めているといえます。
経営者、従業員のバランスを取り色々な観点から、オフィスのレイアウトを企画しすべての人にとって快適なオフィスを目指しましょう。