オフィス造りのポイント

1.ゾーニングを決めよう!!

オフィスレイアウトをする上で最初に必要になるのが、ゾーニング(機能や用途などを考慮し、空間を分けて機能的、効率的に部屋配置すること)についてです。

  • 訪問者が立ち入るスペース(受付、待合室など)
  • 社員が立ち入るスペース(執務スペース、会議室など)
  • 社員と訪問者が共有するスペース(打合せスペース、トイレ、など)

最初に、大きなゾーニングを決定することが後々、良いオフィスレイアウトをする重要なポイントになります。

スペース配分

各スペースのレイアウト配分を決めましょう。利用度の低いスペースのレイアウト配分を小さく、逆に利用度の高いワークスペースはレイアウト配分を大きくします。ちなみに、ワークスペースが全体に占める割合は50~60%が一般的です。

一般的なオフィスのスペース配分例

建築基準法

オフィスレイアウトを考える際に忘れてはいけないのが、建築基準法です。 例えば建築基準法では、片側にのみ部屋がある場合の廊下の幅は1.2m以上、両側に部屋がある場合の廊下の幅は1.6m以上にしなければならないと定められています。

スペース配分ができたら、「オフィスの面積×配分率」で、各面積のスペースを割り出し、それぞれの配置を決めていきます。その際は人や物の動きを考え、業務がスムーズに行なえるような動線を作ることが大切です。たとえば、コピールームなどみんなが頻繁に利用する空間は複数の部署から利用しやすい場所に設置するようにしましょう。